携帯用?バラスト道床付きレールの製作

現在製作中のNゲージレイアウト「駅前商店街(仮)」はバラストが思う様にならずに苦労していますが、なんとか方針も決まり鋭意作業中です。詳しくはまたブログで紹介させていただきますが、今回は、先日仕事で10日間ほど旅に出た際に携帯するために作ったバラスト付きのレールの製作過程などを紹介します。

バラスト道床付きレール

 

使用したレールは家にあったトミックスの道床付きレールを適当に組み合わせて使用しましたが、調べてみたらこんなうってつけの商品が出ていました!知らなかった…。

TOMIX Nゲージ ミニ 鉄道模型運転セット 90098 鉄道模型 レールセット

鉄道模型運転セット

私はパワーユニットを9v電池仕様で自作しましたが、このミニパワーユニットは欲しい…。これは、いずれ買うかも。

 

さて、まずはレールの塗装から。今回はもう塗装したレールを使ったので、再現して写真を撮りました。

やはりレールの側面は錆びていて欲しいですよね。でもレールにそのまま塗っても塗料が定着しないので、最初に洗浄。本当は超音波洗浄機でもあればいいんですが、持ってないので洗剤で洗いました。水分が残りそうなのでジョイナーは取り外しています。

レールを洗浄

しっかりと乾燥させてからジョイナーを取り付け、メタルプライマーを塗るか、スプレーで吹きます。私はホームセンターで買ったスプレーで。これかな?アサヒペン メタルプライマー 100ML クリヤ。ここまでの作業は、多少塗料が取れやすくてもいーや、という場合は省略しても構いません。

乾燥したらレッドブラウンを吹きます。色的にはエナメルのフラットブラウンがいいんですけど、後でエナメルでウォッシングしたりドライブラシしたりするので、まずはラッカー系で塗装します。もちろん、スプレーで吹いた方が楽ですし。

レールにレッドブラウンを吹く
次に、タミヤエナメル フラットブラックを溶剤で5倍程度に薄め、枕木にべたべたと塗っていきます。出来るだけ線路、犬釘にはかからないようにした方が色の違いが出ていいのですが、まあ、あまり気を使いすぎると大変なので、適当に。

枕木の塗装1

枕木の塗装2

乾燥したら、枕木と犬釘にタミヤエナメル デザートイエローをドライブラシしてエッジを出します。

枕木と犬釘にドライブラシ1

枕木と犬釘にドライブラシ2

最後に、レール表面をアクリル溶剤等で磨いたら塗装終了。こんな感じになりました。でも写真だと今ひとつですね…。まあいいか。次はバラストです。

塗装済みのレール

バラストは、家にあったモーリン No.432 バラストN ローカルを使用しました。

まず、側面に木工ボンドを塗り、バラストをパラパラと撒いて付着させます。

側面に木工ボンドを塗る

バラストを付着させる

枕木の間にもバラストを撒き、筆などで余分なバラストを取り除き、ならします。

バラストをならす

レイアウトの場合はこのままボンド液で固着させればいいのですが、今回はレールが置いたところにくっついてしまっては困るので、ボンドが付きにくい剥離紙や牛乳パックの裏などを台紙として使います。私はもちろん、安上がりな牛乳パック。バラストが落ちないようにそおっと台紙の上に移動して、ボンド液をスポイトで垂らしてバラストに浸透させます。ボンド液は、木工ボンドを水で3倍に薄め、バラストに浸透しやすくするために数滴の食器用洗剤を加えて作ります。

ボンド液でバラストを固着

ボンド液を垂らし終えたら、またそおっと持ち上げて、ペーパータオルなどでレールの底を拭いて余分なボンド液を拭き取り、新しい台紙に移動して乾燥させます。レールが台紙にくっついてしまうのを避けるのと、余分なボンド液が周囲に広がっていると透明な膜ができてしまうので。羽根つき餃子みたいになってしまいます

余分なボンド液を拭き取る

乾燥したら、適当な場所にリキテックス マットメディウムを塗って緑系のパウダーをパラパラと撒き、草の表現をします。

草を生やす

ついでに、家にあったTOMIX ミニホームセットの一部を利用して駅のホームを作りました。構内灯はKATO ローカルホームアクセサリーから、駅名板はジオコレ 駅B(リンクは駅B2)からの流用。寄せ集めですねえ。

携帯用?ミニホーム

9v電池を使った簡易パワーユニットも作り、携帯用レールセットが出来ました!パワーユニットの自作は電気的な知識がないと危険なので良い子は真似しないで下さいね。

携帯用レールセット

パワーユニット以外は百均のB5サイズのケースに収まります。しかも車両2両に予備電池まで。もっとストラクチャーを増やしても十分入りそうです。

ケース入りレールセット

動画は高知のホテルでキハ03の走る姿をめでながら晩酌をしているところ。余談ですが、左下にある高知・吾左衛門鮓の鯖寿司、おいしかったなあ。青魚が苦手な人でもこれなら食べられるらしい。通販でも買えるようですよ。

鯖ずし 伝統の味 米吾 吾左衛門鮓 鯖(さば) さばずし 鯖すし

走らせて楽しむだけでなく、バラスト付きだと飾るだけでもリアルなジオラマとして楽しめます。写真は香川県のホテルにて

簡易ジオラマ

 

もちろん携帯用としてだけではなく、床やテーブルにセットしてストラクチャーを並べるだけでもぐっとリアル感が増します。皆様もぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

簡易ジオラマ2

ではまた!