舗装道路の製作2・道路の舗装

さて、今回はいよいよ舗装道路の製作。まず、側溝の蓋とグレーチングの部分をしっかりマスキングして、板に固定。側溝のない場所は側溝と同じ1mmの高さになるようにプラ角棒を貼っています。道路を板に固定

今回使うダイソーのセメントに関してはブログ建物の基礎をセメントで作るで詳しく解説していますので、そちらもご覧ください。

ダイソーのセメントを茶こしでふるいにかけ、大きめの砂利を取り除きます。セメントを振るいにかける

水を加えて混ぜます。マヨネーズくらいの硬さにします。セメントに水を加えて混ぜる

セメントが剥がれない様に、スチレンボードに薄く均等にゴム系接着剤を塗ります。どの接着剤が一番いいのかは全てを試してないのでわかりませんが、まあ、迷った時はこれですよね。スチレンボードに接着剤を塗る

セメントをヘラなどでスチレンボードに塗って平らにならします。厚みは1mmなので、量の塗り過ぎに注意。私は塗り過ぎてしまって、逆に取り除くために周囲にセメントがこぼれまくりでもう大変…。くれぐれもテーブルや床、服などを汚さない様に注意しましょう。セメントを塗る

完全に固まる前にマスキングテープを剥がします。もう忘れてしまいましたが、たぶん塗って1時間後くらいだったかなあ。マスキングテープを剥がす

一晩置いて、角棒も取り除きます。けっこう凸凹になってしまったので、写真は撮り忘れましたが、もう一度マスキングしなおして表面を粗めの紙やすりで平らにしました。#80〜#120くらいだったかなあ。一晩置いたセメント硬化する前にマンホールを置いて置き場所を作ろうとした筈なんですが、うまくいかなかった様ですね。あまりよく覚えてないんですが…。なのでハセガワカッティングテンプレート 円形状定規でケガいてヤスリで穴を作ってます。これもあると便利なツールですね。マンホールの穴をあける

マンホールを穴に入れ、隙間を少量のセメントで埋めたのですが、水分があっという間に吸われてしまい、同じ様には固まってくれません。うまくいけば塗装しなくてもアスファルトっぽくなってくれることを期待しましたが、これからも修正が必要になることを考え、また、ヤスリがけの後も少し気になるし、やはり塗装をすることにしました。塗装する前に少しだけ曲げたりして、ヒビを入れます。いい感じに入ってくれました。路面の修正側溝の蓋、グレーチング、マンホールをマスキングして塗装します。塗装は、パステル(NOUVEL CARRE PASTELノーベルカレーパステルw003)をカッターで削って粉にし、同量か、少し少ないくらいの マットメディウム で溶いて、筆でトントンと道路につけていきます。パステルの粉っぽさが残る様に、あまり押し付けないで少しづつ撒いていく感じでしょうか。せっかくのヒビ割れも消えてしまわない様に気をつけないと。パステルを粉にするパステルで塗装

使ったのは毛先の硬いぼかし筆。筆というより刷毛?思いっきり値札写ってますね…。

完全に乾いてから、ごく薄ーくした…10〜15倍くらいかな?エナメルのフラットブラックでウォッシングして凹凸やひび割れを目立たせます。擦ったりすると塗料も取れてしまうので、少量をチョンチョンとのせていく感じ。フラットブラックでウォッシングうーん、ちょっと濃過ぎたか?ウォッシングやり過ぎ?

よく覚えてないんですが、何回か塗装し直したかな?何箇所かセメントが剥がれて修正したりも。塗装のし直し

そして、ベースボードにスチのりで貼り付け。まだ道路以外の地面は出来ていません。道路をボードに貼り付け

これは現在の様子。魚屋前の道路

喫茶店前の道路

さて、いかがだったでしょうか、セメントを使った舗装道路の製作。こんな面倒なやり方を真似しようなんて方はそうはいないとは思いますが…。

石膏を使っても自然なひび割れは出来るのですが、表面を塗装するとヒビの奥の白さが目立ってしまい、スミ入れすると逆に目立って不自然に見えたので、スミ入れしなくても元々の色でヒビが自然に見えるセメントを使いました。でも、ごく薄めのスミ入れを行うなどの工夫次第では石膏でもいいのかもしれません。とにかくセメントは扱いづらいので、いずれ石膏で挑戦してみたいと思います。

ではまた!